A1理論はミニマリスト

ゲストハウスと下諏訪が好き。

通勤カバンを断捨離して『通勤疲労』を軽減!そして『顧客情報漏えい』リスクをミニマムに!

自分で自分のことを『ミニマリスト』と他人に言うと、

「お部屋ガラーンとしてるんでしょ?」

ってよく言われます。

 

ま、世間の『ミニマリスト』のイメージではそうでしょう。

 

でも、僕はモノは確かに少ないのですが、本は結構、持ってます。

理由はシンプルに「本が好き!」なことなんですが、電子書籍が普及してきても、まだまだ本の発売日初日は紙の本しか出ないことも多いですし、出版社や著者の方から頂いた紙の本はなんかすぐにはBOOKOFFには売れないですしねぇ。

 

あと、そもそも、本が好きだから東京・高田馬場に住んでるのもあります。

だって、新宿と池袋の間で、古本屋も多いなんて最強でしょう。

 

ただ、

完全にKindle社会になったら下諏訪に引きこもってもいいかな?

とか思っています。下諏訪は諏訪広域連合で図書館が充実しまくっていますから。温泉五郎先輩のあとを追いかけて図書館生活でもいいかな、とか思います。(茅野駅の図書館も好き!)

 

あと、読書人口が多い長野県の▼こんな企画とかもすごくトキメイてしまいます!

下諏訪から電車で30分ほどの松本市も古本の街ですしねー。 

 

というわけで、僕は高田馬場の「書庫」に住んでるようなものですかね?

家の中も外も。

 

逆に、

せっかく家賃を払ってるのに、家がガラーンとしてるのは土地代がもったいないし、冬は寒い

と思ってしまいます。

 

ま、僕はミニマリストの中でも▼『神田川』系ミニマリストってことで!

ミニマリストを『家』別に5タイプに分類してみたよ!それぞれのタイプの愛読書も紹介!(追記で計6タイプになりました) - A1理論はミニマリスト

 

 

でも、僕は、家には本がありますが、

移動時の荷物は徹底してミニマム

にするタイプです!

 

ミニマリストというより、

『荷物が少ないバックパッカー』

という感じですかね?

 

旅行の時は基本的に▼スッカスカのデイパック1つだけです!

ミニマリストの旅行の荷物はスッカスカのデイパック1つだけ!普段よりも軽い荷物で旅歩き! - A1理論はミニマリスト

 

そのデイパックも、モバイルバッテリー、歯ブラシは常に入れっぱなしで、旅行の日の朝に日数分の着替えとタオルを入れるだけで、旅行から帰ってきたらそれらを洗濯機に放り込むだけです!w

 

究極的には、その着替えも、歯ブラシも、モバイルバッテリーも現地調達してもいいのですよ。

実際に2014年末の九州旅行の時は、着替え・歯ブラシ・タオル・トートバックを現地の100円ショップで購入して、そのトートバックで旅してましたからw

(モバイルバッテリーはまだ持ってなかった)

 

けど、最近の僕は下諏訪に行くことが多く、下諏訪や上諏訪でイベントがある時は始発で家を出たりするし、100円ショップも微妙に駅から遠いし、着いたらはやく温泉入りたいので、朝に着替え&タオルをデイパックに詰める旅のスタイルになりました。

(でもマスヤ―ドラゴンがいれば別に手ぶらでもいいのか?w)

 

あと、モバイルボヘミアンなので、

旅でパソコンは持ち歩きません。

 

旅においてはほとんどのことはスマホでできるし、パソコンが必要になったらゲストハウスで貸してもらうか、ネカフェに行けばいいと思っています。

大事なのはパソコンよりも、スマホの充電切れリスクをミニマムにするモバイルバッテリーだと思います!

ちなみにミニマリスト・佐々木さんの旅の荷物が大きいのはパソコンを持ち歩いているからだと思いますw

 

なので、僕はゲストハウスのオーナーさんやゲストさんに、

「荷物、小さいですね!?」

って、よく言われますw

 

 

で、旅の時はそんなミニマムなデイパックで移動している僕ですが、

では、平日の通勤時のカバンはどんなカバンを持ち歩いているのでしょう???

 

答えは、

「通勤カバン自体を持たない!」

です!w

 

仕事に必要なモノはすべて職場のロッカー、もしくは職場の机や営業カバンにすべて入れてしまいます!

ちなみに、まえの仕事は職場のロッカー、今の仕事は職場の営業カバンにすべて詰め込んで派遣会社の担当に預けています。

 

もし、職場から家に帰る時に持って帰る荷物があるとしたら、

僕は紙袋に入れて持って帰ります。

 

僕のまえの職場はなぜか紙袋がほぼ無限にある職場だったので、なにか家に持って帰らないといけないモノがある時はその紙袋を利用していました。

でも、その頻度は1月に1度もありませんでした。あっても袋に入れてあるものだったり。

職場に紙袋がない人はスーパーの袋をロッカーにいくつか入れておけばいいかも。

 

あと、通勤カバンなしだと、仕事終わりに職場やプライベートの飲み会・オフ会があっても、手ぶら参加なので気楽です!

酔っぱらって記憶を無くしても、荷物は無くしません!

最初から持ってないから!w

 

 

ちなみに、ハンカチはお尻のポケットに入れ、ティッシュは必要になればその都度、駅前でもらうか、100円ショップで買えばいいと思っています。(その頻度もあんまり高くないです)

 

 

この通勤スタイルは公私共に多くの人に驚かれます。

▼ミニマリスト・佐々木さんにも驚かれましたw

ミニマリスト・佐々木典士さんと神楽坂プチオフ会しました!モバイルハウスバー『TRAILER』&ゲストハウス『UNPLAN』 - A1理論はミニマリスト

 

 

しかし、よーーーーーーーーく考えてみてください。

 

家から職場に通う、そして職場から家に帰るのに、

そんなに荷物、要りますか?

 

僕は全く要らない、むしろ、

荷物があるのはリスクが2つある

と考えています。

 

 

まず1つは、

『通勤疲労』

のリスク。

 

日本の満員電車は体力を削りまくります。

 

仕事で消耗するのって、仕事自体の消耗と、通勤電車での消耗と2つあると僕は思うんですよね。

 

で、仕事自体の消耗は、仕事を変えるなり、定時で帰るなりすればいいと思います。

「俺の仕事は変えれないし、定時でなんてあがれるかよ!」

って言う人はそもそも働き方を考え直しましょう。

あなたがそんな働き方をしてしまってるから、日本はいつまで経っても働き方が変わらないんじゃないですかね?

人手不足なのになぜ賃金が上がらないのか

人手不足なのになぜ賃金が上がらないのか

 

 

と、それは詳しくは別の記事で書くとして、通勤疲労について。

 

通勤疲労は、

通勤カバンという「守るべきもの」を抱えているから体力的・精神的に余計に疲れるんじゃないか?

と僕は思います。

 

しかも通勤カバンがあると、片手がふさがってしまうので、ラッシュの時なんかはふさがってしまっている手のほうに空いた吊り輪があってもつかまることが出来ません。

 

まぁ、試しに通勤カバンなしで手ぶら通勤してみてください。通勤疲労度が半分くらいになりますよ!!

 

 

僕はさらに通勤疲労をミニマムにするために新宿区の高田馬場に住んでます!

まえの職場は新宿区だったので、通勤時間は山手線でたったの4分!

しかも手ぶら通勤です!! 

 

少子化の影響もあり、首都圏の山手線周辺の賃貸物件はどんどん家賃が下がってきているので、独身のミニマリストは山手線周辺のワンルームアパートに住めば通勤疲労もミニマムになります!

もちろん、2年ごとに『アッサラーム商法』で家賃を値切り続けましょう!w

 

男性なら通勤時間がミニマムになることで、痴漢冤罪リスクもミニマムにできます! 

(郊外からの電車は通勤時間長い&めちゃラッシュなので。山手線は意外と空いているし、新宿や渋谷で人がガガッと降りる。)

 

 

で、もう1つの通勤カバンをもつリスクは、

『顧客情報漏えい』

のリスク。

 

カバンを持っていればついつい書類を入れたくなります。

で、その書類には顧客情報が入っていることが多いです。

パソコンやタブレットも同様で、顧客情報が満載です。

 

それを常時持ち歩いているのって、相当、リスキーだと思います。

そこまで一個人がリスク背負う必要性あるでしょうかね?

 

僕の昔の知り合いで、帰りの電車で寝てしまって、通勤カバンが盗まれてしまい、その通勤カバンには顧客情報満載のパソコンが入っていたのですが、結局、どれだけ探しても通勤カバンもパソコンも出て来ずに、勤め先が外資系企業だったので、

即日クビになりました。

 

でも、その人がクビになったのもギャフンですが、結局、パソコンは紛失したままなので企業側もギャフンです。

さらに、情報を流出させられた顧客もギャフンです。

 

なので、通勤カバンの盗難・紛失は、

当人・企業・顧客

の三方がギャフンなんです。

誰も得してない。

 

それならば、普段から顧客情報が入った通勤カバン自体を持ち歩かないのが、

当人・企業・顧客

の三方ともリスクを回避できる最善の策じゃないでしょうか?

 

自分の私物が無くなるならまだしも、

『他人の運命』まで「携帯」する必要性はない

と僕は思います。

ハイリスク・ノーリターン過ぎる。コスパ悪すぎる。

 

 

さらに社内でも、常時、

「通勤カバンを持ち歩かないキャラ」

を確立しておくと、社内の誰かが情報流出して、その情報流出した人間が誰かわからない場合も、

「いや、俺はいつも通勤カバン持ち歩いてないから!みんな知ってるでしょ!」 

って言い張れます!w

 

「いや、俺は電車内でも仕事しないといけないんだ!」

っていう人がいるかもしれないですが、その働き方ってどうなんですかね??

それってちゃんと時給出てるんですかね?

電車内が混んでたりラッシュだったらどうするんですかね?

 

仕事が残ってるなら社内で残業して残業代出してもらうか、帰れないなら企業はホテル代出すべきだと僕は考えます。

時間差の仕事なら自宅のパソコンで社内のクラウドに入れるようにするとか。 

それもさせてくれない会社で働いてるなら、やっぱりあなたが日本の労働環境を悪くしている一因だという自覚を持った方がいいと思いますよ!

人手不足なのになぜ賃金が上がらないのか

人手不足なのになぜ賃金が上がらないのか

 

 

 

というわけで、業務内容にももちろんよりますけど、電車に乗ってるとほとんどのサラリーマンが通勤カバンを持っていますが、

僕は半分以上のサラリーマンに通勤カバンは必要ないんじゃないかと思います!!

通勤カバンが必要なのは、現場に直行直帰の営業マンくらいじゃないですかね?

 

誰も得しない通勤カバンを断捨離して、上記2つのリスクをミニマムにしたほうが賢明だと僕は思います!!