A1理論はミニマリスト

ゲストハウスと下諏訪が好き。

ゆるふわな40代のIT系営業マンが登録すべき転職エージェントを6つ選んでみた!

この11月末と12月中旬で実家や僕自身がいろいろ落ち着いてきたので、そろそろ本格的に転職活動をしようと思い、転職エージェントに登録することにしました。

 

というわけで、今まで転職エージェントに登録したことがない、40代の(元)IT系営業マンがどの転職エージェントに登録したらいいのかを調べてみました。

 

ネットで調べたことをまとめたコタツ記事ですが、40代IT系営業に関する記事がかなり散らばっていて、さらにそこで紹介されているエージェントも結構、散らばっていたのでそれをまとめた自分用の備忘録記事でもありますが、もしどなたかのお役にたてれば幸いです。

 

ちなみに、40代の転職というと、ハイクラス系の年収600万以上を想像する方もいるかもしれませんが、僕はタイトル通り、ゆるく、ふんわり身軽に生きていきたいロスジェネ40代前半独身男子ですw(今のところは結婚予定も結婚する気もミニマムですw)

 

人生に求めるモノ自体もミニマムで、メシが食えて、雨風しのげる家に住めて、時々、ゲストハウス旅行に行ければ十分、幸せな人間です。

 

逆に、どれだけ年収が高くても、忙しくて寝れない、ストレスで寝れない生活とかは勘弁!

僕は、

「睡眠は人生で一番大事!」

な人ですw

 

もし、バリキャリなハイクラス転職狙いの方はそれなりの記事をググって探してくださいw

 

 

転職エージェントを探した方法と参考にしたサイト

 

「40代 it 営業 エージェント」

「転職エージェント おすすめ 営業 it 40代」

等でググりましたw

 

外出時はスマホ、この記事を書くときは改めてパソコンでググりました。 

そして1ページめに表示されたサイトをすべてタグで開き、エージェントのサイトは閉じ、エージェントを紹介しているサイトのみ読み込みました。

 

同じサイト、同じようなサイトも閉じて行くと、いくつかのサイトが残りました。

今年の秋くらいからちょくちょく検索とかはしていたので、

「ああ、やっぱりこの記事か。」

という、僕的には定番の記事が多かったです。

 

具体的には▼以下の記事を参考にしました。

IT系転職エージェントおすすめ12社を比較解説!

プロが教える40代のための転職エージェント完全マニュアル

IT転職エージェント10社をおすすめ比較ランキング - 転職エージェントMAN

中高年転職サイト|30代、40代、50代に強い転職エージェント、求人サイトを比較

【元転職会社の私が語る】転職エージェントおすすめランキング【全21社を徹底比較!】 | #就職しよう

【元転職エージェントが語る】40代におすすめ転職エージェント10選!転職が難しい理由・成功する条件とは? | #就職しよう

(▲これら以外のサイトも参考にしましたが、特にこれらのサイトが役に立ちました。)

 

で、どのサイトにも、お決まりのように、

  • 3社以上は登録
  • 大手総合型と専門特化型を組み合わせて登録するべき

と書かれてあったので、、、

 

今回の記事は、『ゆるふわな40代のIT系営業マン』が登録すべき大手総合型と専門特化型の6社を上記サイトの情報を整理して選んでみました!!

 

大手総合型1位の『リクルートエージェント』

 

f:id:A1riron:20181226033003p:plain

 

ここはもう転職するときには鉄板ですねぇ。

逆に登録しない意味がわからないくらい鉄板です。

 

さらに求人の絶対数は僕が転職活動をするまえのイメージよりもはるかに多いっぽいです。

 

リクルートエージェントは転職エージェント最大手であり、求人の数・質、実績すべてにおいてNo.1の大手総合型エージェントです。

IT系の求人においてもエンジニア、クリエイター、営業系、プロジェクトマネージャー、コンサル系といった全ての職種で他のエージェントを圧倒しています。
さらに今まで数多くの転職者実績があるので、それによって蓄積された応募書類、面接対策など選考ノウハウが膨大です。

加えて取引企業の50%が大手・中堅企業なので、魅力的な求人やキャリアの可能性を追求できるエージェントだと言えます。

IT系転職エージェントおすすめ12社を比較解説!

 

ほとんどのサイトのリクルートエージェントの紹介がこんな感じで、まさに1強!という感じです。

国でいうと「アメリカ」、お笑いでいうと「吉本」、漫画でいうと「少年ジャンプ」、という感じですかねぇw

 

僕は現在、職業訓練校に通っていますが、クラスメイトとの転職話でもよく名前が上がります。

 

まぁ、僕は今まで学生時代のバイトは『fromA』、新卒の就職活動時は『リクナビ』、派遣社員の時は『リクルートスタッフィング』にお世話になってきたので、、、

この国で「仕事探し」といえば、年齢・雇用形態・職種・業種を問わず、まずはリクルートなんでしょうねぇ。

 

 

大手総合型2位の『dodaエージェント』

リクルートに次ぐ大手総合型エージェントがdodaですねぇ。

転職初心者は「ドーダ」と読んでしまってる人が多いですが、「デューダ」と読みますw

 

dodaエージェントは先に紹介したリクルートエージェントについで、転職エージェント業界では第2位の実績を誇る総合型エージェントです。そのため求人数や転職実績においてはリクルートエージェントに劣ります。

しかしdodaエージェントは転職初心者に手厚いサポートが行われることで有名です。事実dodaエージェント登録者データにおいて転職1回以内の人たちは全体の約83%を占めています。

加えてのキャリアカウンセラーの多くが、キャリアカウンセリングのグローバル資格であるGCDFを取得しておりキャリア面談が的確でレベルが高いと評判です。実際の利用者の体験談をご覧ください。

IT系転職エージェントおすすめ12社を比較解説!

 

リクルートを追撃しているようで、リクルートのとりこぼしを狙っているようですw

リクルートは登録者数も多く、ゆるふわな40代は後回しにされるかもしれないので、doda登録でカバーしたいですねぇ。

 

ただ、僕の中の数少ない昔の友達の転職情報では、正社員狙いで微妙な会社に入れられた例も見てきたので、あんまり焦って探さないほうがいいと思いました。

(これは転職全般に言えるんでしょうねぇ)

 

 

IT系専門特化型の『ワークポート』

 

ここは僕は最近まで知りませんでした。

 

それもそのはず、

ワークポートはもともとIT・WEB・ゲームに特化した専門型エージェントとしてスタートしています。ここ数年で全国規模に対応し、他の職種や業界の求人を扱い今や総合型エージェントとなっています。

そのため総合型のメリットである数多くの求人と、IT専門型のメリットであるIT技術や業界に詳しいエージェントがサポートしてくれるという2つの特徴を持ち合わせています。

とのこと。

 

クラスメイトにも登録している人がいました。

IT系というとキャリア転職が多いのかと思いますが、意外と営業や未経験の人にも対応しているっぽいです。

 

リクナビNEXTの2017年GOOD AGENT RANKINGで「転職決定人数部門第1位」も受賞しているらしいので、最近の注目株のようです。

転職エージェントを紹介するサイトによってはリクルートエージェントやdodaを押さえて一番最初に紹介されていたりもします。

 

ここは要チェックや!!

 

 

IT系専門特化型の『type転職エージェント』

 

ここはすごく『年収アップ』を押しています!

年収アップ率71%!

この業界トップクラスの年収アップ率の高さがtype転職エージェントを利用する最大のメリットです。あなたの市場価値を正しく応募企業に伝えて給料・年収・待遇等の条件交渉を有利にすすめてくれます。

同世代に比べて明らかに年収が低い...」「何年勤めても給料がアップしない...」「自分の能力に対して適正な給料がもらえていない...」と悩んでいる方に最適です。

目先の給料アップだけでなく、将来にわたって長期的なキャリアプランを見据えて、生涯年収までを共に考えてくれます。

IT転職エージェント10社をおすすめ比較ランキング - 転職エージェントMAN

 

首都圏のみの求人だけなので、首都圏に住んで、さらに給料も上げたい人にはいいと思います。

 

 

本気で転職したいなら以上の4社の登録は必須かなと思いました。

合計6社以上登録するなら、続いては以下の2社かなと思いました。

 

グローバルで丁寧な『Spring転職エージェント』(アデコ)

 

派遣会社で有名な世界最大の総合人財サービス企業アデコの転職エージェントです。

『Spring転職エージェント(アデコ)』は、人材派遣を中心に世界60ヶ国に拠点を持つ総合人材サービス企業です。

派遣事業を中心に行っていましたが、ここ数年は転職支援サービスにも力を入れており、40代の転職求人も多く揃えています。

転職エージェントによっては、市場価値が低いと面談を断わるケースも多いのですが、『Spring転職エージェント(アデコ)』の特徴として、面談を断られることが少ないことが挙げられます。

プロが教える40代のための転職エージェント完全マニュアル

 

コンサルタント全員が、あなたの経験職種に精通しているのがSpring転職エージェントの特徴です。

事業の組織体制を「管理部門系」「営業・マーケティング系」「IT・エンジニアリング系」「ライフサイエンス・メディカル系」と、専門職種ごとに分け、さらに各分野において産業別の専門チームで組織が構成。

企業の人事担当者や経営者と直接やりとりしているため、業務詳細はもちろん、企業毎に異なるカルチャー、募集背景、組織のゴール、キャリアパス、評価制度、報酬を熟知しているので、40代転職者へ最適な企業を紹介してくれます。

40代に評判の高いおすすめの転職エージェント【厳選5選・目的別】 - 転職エージェントMAN

 

なるほどねー。

 

いろいろ調べていると、こういう派遣会社あがりの転職エージェントは親身になってくれる確率が高いような気がします。

 

昔から転職エージェントを主体でやってきたバリキャリ系のところは、ゆるふわ40代を受け入れる土壌が豊かではないのかもしれないので、こういう人にやさしいところも登録しておいたほうが精神安定上、いいのかもしれません。

 

派遣社員が長かった人もここに登録しておいたほうが、

派遣写真→正社員

とソフトランディングしやすいかも。

 

また、グローバル企業なので、「将来、海外で働いてもいいかな?」と考えている人は登録しておいても損はないと思います。

 

営業に強く親身になってくれる『パソナキャリア』

 

ここも上記の『Spring転職エージェント』(アデコ)と同じく派遣会社あがりの転職エージェントです。

アデコ同様、パソナというと派遣のイメージがありますが、実は他の大手派遣会社よりも早く転職サービスに力を入れており、転職エージェントとしても優良です。

特にサポート力には定評があり、当サイトによるアンケートでもサポート部門ではNo.1なので、親身に相談にのってくれるでしょう。

プロが教える40代のための転職エージェント完全マニュアル

 

親切具合で言うと外資系のアデコより上かも。

登録者に女性が多いのが理由ですかね??

 

さらに、、、

昨今はIT分野に注力しており、もともと「パソナテック」という業界最大手のIT派遣事業を運営している背景からも、求人概要だけでなく、面接攻略にむけたアドバイスや業界全体のトレンド等、有益な情報を提供してくれます。

IT人材におすすめの転職エージェント8選|200人の口コミを比較!

 

なるほど~。

 

そして、、、

営業職の転職を希望するなら、リクルートエージェントのほかに「パソナキャリア」もおすすめです。

リクルートエージェント・パソナキャリアの2社は、未経験で営業職を目指す方にも、経験を生かして営業職を目指す方にも、どちらのパターンにも強い転職エージェントです。

【元転職会社の私が語る】転職エージェントおすすめランキング【全21社を徹底比較!】 | #就職しよう

 

ここもやはり、ゆるふわな40代のIT系営業マンは登録すべき転職エージェントだと思いました。

 

 

というわけで、以上の6社がゆるふわな40代のIT系営業マンが登録すべき転職エージェントだと思いました!!

 

僕自身は年明けから本格的に転職活動に向けて動き出そうと思っています!!